投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

第5位 大東建託

おすすめポイント手厚いサポートで安定した高品質なアパート経営が可能

5番目にご紹介するアパート経営におすすめの会社は、独自のオーナーサポートと入居者サポートを提供している「大東建託」です。大手のハウスメーカーとして知られていますが、こちらも相続税対策などで地主や土地所有者の方が選ぶことが多い会社だそうです。

大東建託の最大の特徴は、35年一括借上となる「賃貸経営受託システム」です。このシステムは一般よりも長い期間の一括借上であるだけではなく、家賃相場の下落に備えて当初10年間の賃料固定、以降は5年ごとの更新という内容です。また、修繕費や原状回復費も一定期間負担いらずなので、オーナーの負担を減らしながら安定した収入が得られるシステムとなっているわけです。

大東建託で提供するアパートは、いずれも高い品質でゆったりと暮らせる独自ブランド「DK SELECT」です。手厚いサポートと高いクオリティで、従来の賃貸住宅とは一味違う、新しい住まいを提案しています。快適に暮らすための幅広いサポートを行っているため、暮らす人にとってもメリットの高いアパートとなっており、入居率も高くなっています

DK SELECTはファミリータイプが主ですが、アパート経営でのリスクをできるだけ低くして安定した経営を行いたいという方には、大東建託の利用もおすすめといえるでしょう。

「DK SELECT」の充実のサポートで快適に暮らせるファミリータイプの住まいを提供

大東建託では、独自の賃貸住宅ブランドとして「DK SELECT」を運営しています。このブランドでは、輸入住宅デザインやシンプルモダンなデザインを基調とし、従来の賃貸住宅の常識にとらわれない快適で豊かな住まいとして「進化する暮らしX進化する住まい」をコンセプトとしています。このDK SELECTのコンセプトでは、住む人のことを考えて、それぞれ「進化する暮らし」には3つのサポート、「進化する住まい」には3つのクオリティが含まれています。

サポートには、更新料や住み替え手数料無料やクレジットカード決済OKなどの「お財布サポート」、建物定期点検を行い、24時間365いつでもトラブルに対応する「安心サポート」、地域情報や口コミネットワーク、レジャー優待などの「暮らしサポート」があります。高い利便性と暮らしを快適にするバラエティ豊かなサービスを提供し、入居者に選ばれやすい付加価値を付けることを可能としています。

そして、クオリティには安全・耐久性能やセキュリティなどのスペック、回遊動線や可変間取りなどの暮らしやすさに関するスタイル、建築家とのコラボや賃貸住宅の未来を考える賃貸住宅未来研究所といったフューチャーの3つの要素があります。DK SELECTのアパートは、傷や汚れが付きにくい外壁や長期間塗替え不要の外壁など、耐久性が高く高品質の建物性能がポイントです。入居者にとっては快適に長く暮らせ、オーナーにはメンテナンスの手間がかからない、双方にメリットが大きい建物です。このような手厚いサポートと高い品質で、DK SELECTは多くの人に選ばれる賃貸住宅となっているのです。

DK SELECTのアパートには多くタイプがあり、大半のアパートは木造2階建てです。一人暮らし用よりもファミリータイプが多く、広めの間取りとなっているほか、断熱性や遮音性、安全性や耐久性、セキュリティを重視したアパートとなっているため、どうしても建設費用が高くなってしまう傾向があります

しかし、いずれの賃貸アパートもスタイリッシュな外観と充実の設備となっており、快適な住まいとなるでしょう。

35年一括借上で安定したアパート経営!支出リスクにも対応

アパート経営では、スタートしてからすべて成功するというわけではなく、ある程度のリスクを負う可能性もあります。空室や家賃滞納が発生すれば、それだけ収入が落ちることもありますし、家賃相場が下落しても収入ダウンの可能性が考えられます。

そんなリスクに備えられる安心のシステムが、「賃貸経営受託システム」です。大東建託ではこのシステムで、アパート経営で起こり得る収支変動のリスクに対応しています。最も大きな特徴は、一括借上の期間です。一般の一括借上は30年というところが多い中、大東建託では35年間の一括借上を行っています。そのため、空室や家賃滞納があったとしても、毎月安定した借上賃料を受け取ることができます。実際のところは、管理専門スタッフが確実に家賃収入を回収しているため、家賃滞納率は0.08%と非常に低い数字となっています。

そして、一般的な一括借上では賃料を2年ごとに更新していますが、賃貸経営受託システムでは当初10年固定以降の見直しは5年ごとに更新なので、オーナーにとって収入ダウンのリスクを減らせるという大きなメリットがあります。

さらに、大東建託では支出リスクにも対応し、30年間の修繕費負担35年間の原状回復費の負担が不要です。いずれも、大東建託のグループ会社が負担して行います。一般的な一括借上では、これらはオーナーの負担となるものなので、その点でも支出を減らせる期待もできるでしょう。

入居者募集をはじめとして家賃や建物の管理など、通常はオーナーが行う管理・運営業務も、すべて代行してもらえます。長い賃貸住宅経営のノウハウを持ち合わせている大東建託によって、長期間の安定したアパート経営実現が可能となります。

もちろん、アパートを建てる前から大東建託のさまざまなサポートを受けられます。お持ちの土地の診断から経営・建物・資金計画などの賃貸事業計画をしっかりと立ててからアパート建設、建設後は35年間の一括借上という流れで、経験とノウハウを活かした事業計画を立案してもらえます。

幅広い媒体で行う募集活動!入居率の高さを維持

入居者募集は、アパート経営で安定収入を得るために大事なポイントとなるものです。大東建託では、直営店舗や自社系列の仲介専門子会社、協力不動産店舗などの幅広い斡旋体制を整えています。実店舗で以外にも、直営店舗や各種媒体で幅広い広告宣伝と募集活動を行うことで、入居者募集力の高さを実現しています。実際に、全国の住居入居率の平均が81.1%なのに対し、DK SELECTのアパートは2017年時点で96.9%という高い入居率を誇っています。

インターネット上での募集活動も行っており、「いい部屋ネット」や「ハウスコム」といったサイトで、リアルタイムの空き室情報のチェックも可能です。広範囲で入居者募集を行っている一方で、入居率に差がある物件があるのも確かで、入居率が低い物件の場合は家賃が下がってしまう可能性もあります

とはいえ、賃貸住宅管理戸数や賃貸仲介件数、住宅供給戸数で複数年1位を獲得しているほどの大手のハウスメーカーの豊富な実績とノウハウが結集したアパート経営サポートが受けられるという点は、メリットが大きいといえます。

高品質な建物と充実した入居者向けサポートを持ち合わせた「DK SELECT」、オーナーへの手厚いサポート「賃貸経営受託システム」を利用できる大東建託は、安定したアパート経営のための選択肢のひとつとなるでしょう。