投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

サラリーマンでもアパート経営はできる?


近年では、雇用不安や年金不安を理由に副業をするサラリーマンが増えています。
中でもアパート経営をやってみたいと思う会社員が増えてきました。
そんな普段仕事で忙しくて時間も取れない、会社員でも賃貸経営なんて出来るのでしょうか。

 

知っているようで意外と知らないアパート経営とは

アパート経営というと、大家さんがいて店子がいて、大家が自分の所有するアパートやマンションを入居者に貸して、入居者は毎月定期的に家賃を、大家に支払うことで成り立つ商売であることはだいたいわかります。でも細かいことは、意外と知られていない部分が多く、実に深みのある「商売」であることがいざ不動産賃貸の書籍を読んだり、セミナー等に参加してみると分かるのです。

サラリーマンの人が賃貸経営を考えるとき、ぶつかる壁はいくつかありますが、まず「時間」の壁でしょう。会社員はただでさえ仕事で残業も含め朝から晩まで業務に追われています。そんな自分がさらに不動産賃貸経営という「仕事」をしてやっていけるのだろうか、と思う人も多くいます。

もう一つの壁は「お金」という壁です。賃貸経営にはお金がかかります。土地をすでに所有しているのならまだしも、土地から購入して賃貸経営を始める場合は、言うまでもありませんが、土地代と建物の建設費用の両方がかかります。一体いくらくらい平均でかかるものなのか、心配になってしまいます。さらに物件を購入するときにはほとんどの人が金融機関のローンを借りることになりますが、そんな大金を銀行は貸してくれるのだろうかという不安もあります。

 

サラリーマンだからこそお金を貸してくれる

金融機関は会社員が賃貸経営を始めるための物件を購入するときに、その人の属性を重視します。そこで重要となるのが「会社員」という身分なのです。実は会社員は自営業の人と比べると、金融機関は「安定した収入のある人」というふうに見ることが多いのです。とくに一つの会社に勤めている期間が長ければ長いほど属性が良いとされる傾向にあります。ですから、会社員というのは金融機関からローンを借りるときに、大きな「武器」になるのです。

物件を購入するときには、だいたい頭金を積むことが理想で、金融機関からもそうすることで安心されます。だいたい3割程度積めばよいでしょう。ですからアパートを探しながら、頭金をためる作業を同時に始めることがベストです。そして良い物件が見つかったら会社員という武器を大いに利用して、金融機関からローンを借りることが出来れば、大きく成功に近づきます。

 

管理は管理会社に丸投げすることもできる

では、いざ良いアパートを見つけて、金融機関からローンを借りることにも成功して、アパート経営を始めるとなると、アパートの管理業務は本人がやらなくてはいけないのでしょうか。ただでさえ忙しい会社員が仕事中に入居者からのクレームが携帯電話にかかってくるなどということがあってはたまったものではありません。

そういうことを防ぐために「管理会社」を利用するという手があるのです。その物件の管理からクレーム処理、家賃の回収などをほんの物件の数パーセントの管理費で請け負ってくれる便利な会社があるのです。要は、大家と入居者の間に入ってくれるわけです。忙しい会社員が賃貸経営をする場合には、管理会社の利用は避けられません。自分で管理することもできなくはありませんが、大変であることはいうまでもありません。

 

以上のように、忙しい会社員でも「時間」「お金」という壁を乗り越えてしまえば、賃貸経営は出来るのです。まずは、頭金をためることと購入するアパートを探すことから始めるとよいでしょう。そしてローンを借りるために銀行へ出向き、借りることが出来た瞬間から、その物件の「大家さん」になることが出来、いよいよ何十年先まで「家賃」という安定収入が得られるようになるのです。