投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

アパート経営の空室対策をしよう!

不動産の賃貸をするとき、ベストとしては常に満室状態にすることでしょう。

よほど好立地、高品質物件でないと満室になるのは難しいとされ、どんな物件でも一定の空室は考慮しないといけません。

それなりに対策が必要になります。

不動産会社に委託をして一定保証額を受ける

不動産を持っているときや将来のための資産運用として、アパート経営を行うことがあるかもしれません。

不動産を持っていないサラリーマンでも、現在お金がなくても住宅ローンなどを利用して投資ができます。

ただサラリーマンなどが片手間で行おうとすると空室対策は大変です。

日中は仕事をしているので内見などをしたい人がいても対応できません。

シーズン時期もなかなか対応できず、空室が多い状態で運営しないといけないときもあります。

その時に利用したいのが不動産会社が行っている管理サービスです。

経営の一部を不動産会社に代行してもらう方法で、借主を探してくれたり、内見の立ち合いや契約の代行なども行ってくれます。

さらには賃料保証サービスも利用できます。

空室があったとしても一定の入居があるとみなして賃料を保障してくれるサービスで、こちらであれば実質空室であったとしても一定の賃料収入が得られるので、空室によって賃料収入が下がるのを抑えられます。

不動産のプロに経営を任せられるのもメリットになるでしょう。

ニーズに合ったリフォームやリノベーション

賃貸物件において、人気があるのが新築物件です。

新しい設備や新しい部屋の雰囲気、その時代に合った設備が設置されているなど古い物件では得られないようなメリットがたくさんあります。

しかし常に新築の状態にはできません。

建てたてや建てて数年ぐらいは新築のように興味を持ってもらえますが、それを過ぎると古い物件と同じようになかなか振り向いてもらえなくなります。

そんなときの空室対策としては、ニーズに合ったリフォームやリノベーションを積極的に行うことでしょう。

リフォームは今ある設備などを新しくする方法で、トイレの便器やキッチンのシステムなどを定期的に新しいものに入れ替えます。

リノベーションは設備だけでなく間取りなども一から作り直す方法です。

古いアパートの間取りだとなかなか選んでもらいにくいですが、和室であれば洋室にリノベーションすることで部屋の中身で選んでもらいやすくなります。

相場よりも一定割合賃料などを減らす

賃料の設定は基本的には貸主が自由に設定できます。

高く設定するのも低く設定するのも自由です。

高くすればそれだけ収入が得やすくなりますが、一方で借主から選ばれにくくなり、空室が多くなる可能性が高くなります。

低くすれば賃料収入は得にくくなりますが、周りよりも低いからと借主にとっては魅力的な物件になるので、借りてもらいやすくなる可能性があります。

アパート経営における空室対策として、相場よりも一定割合の値引きをすることが挙げられます。

下げるポイントがいくつかあり、賃料を下げる方法、敷金などの初期費用を下げる方法、フリーレントなど最初の数か月賃料なしで利用してもらう方法などがあります。

どの方法でも利用者にとっては利用料が下がるので、魅力に感じてもらいやすくなります。

貸主からするといかに収入を減らさずに魅力を感じてもらう方法を選ぶかになるでしょう。

賃料を減らすと将来的に収入が減るので、初期費用を削減する方法がいいかもしれません。