投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

上手なアパート経営の経費の使い方は?

アパート経営では、さまざまな経費が必要になりますが、その使い方によって収益が変わってくる場合があります。

ここではアパート経営における効果的で上手な経費の使い方について分かりやすく紹介します。

 

経費を下げることで収益を上げることができる

アパート経営などの賃貸物件の経営を行う場合、できるだけ収益を上げたいのであれば家賃を上げるという方法もありますが、それは簡単にできることではありません。

しかし家賃収入による売り上げそのものは変わらなくても、経費を下げることによって最終的な収益を上げることは比較的容易に行うことができるのです。

しかし、なんでもかんでも経費を下げればよいというわけではなく、下げてもよい部分と、下げてはいけない部分があるためメリハリのある使い方をする必要があります。

そもそもアパート経営の経費というのは、主に変動費と固定費の2つに分けられると言えるでしょう。

このうち「変動費」は、原状回復や建物の修繕などに充てる費用であり「固定費」は、清掃費用などの毎月必要になる管理費のことを指します。

そして経費を下げるべき対象になるのは、主に固定費であり、変動費はあまり下げない方がよいとされているのです。

 

固定費は業者と交渉して値下げしてもらおう

固定費というのは清掃費用や、貯水槽清掃費用、そして消防点検の費用など定期的に必要になる費用です。

これらの費用は、どれもアパートなどの賃貸物件を経営する上で必要な業務の費用であり、特に消防点検は法律で決まっていることなので、それ自体を無くすことはできません。

しかし、これらの費用を値下げすることはできますし、業務を発注している業者と金額交渉することは可能なのです。

毎月数千円値下げしてもらっただけでも、年間で数万円の収益を改善することができるため、少しでも収益を上げたいという場合は実行してみるとよいでしょう。

実際に業者と交渉を行う際のポイントとしては、まず現在契約している業者とは別の複数の業者から見積もりを取るということが挙げられます。

別の業者はこれだけ安いのだから値下げして欲しいということを打診すれば、値下げを考慮してもらいやすくなるということが言えるでしょう。

そして業者が値下げを渋った場合は、業者側が年間契約を確定することができる、専属契約を申し出てみるのもよいと言えます。

また、1棟だけを所有しているようなオーナーが個人で交渉する場合は限界があるため、その場合は複数の棟を扱っている管理会社に交渉を依頼するという手もあります。

いずれにしても、交渉事には多少の手間がかかりますが、経費を上手く使うためには必要なことだと言えるでしょう。

 

変動費は基本的に削ってはいけない経費

一方の変動費というのは、原状回復費用などを指すものであり物件をキレイに見せるために必要な費用になります。

借り手がアパートなどの物件を探す際は、実際に部屋を内覧した上で選ぶのが普通なので、部屋をキレイな状態にしておくことはとても重要なのです。

そのため、この原状回復費用を下げてしまうと、物件の見た目が悪くなって、借り手が見つからないという事態になることもあると言えるでしょう。

そして借り手が見つからないと、空室が増えてしまい、収益を大きく下げてしまうことになります。

もちろん原状回復の作業を業者へ依頼する場合は、不要な項目を省いたり、交渉を行うことでその費用を下げることは可能でしょう。

しかし原状回復そのものを省くということは、収益を直接減らすことに繋がる場合が多いため、原状回復費用などの変動費は、経費から削ってはいけないということが言えます。

 

アパート経営では、売り上げは変わらなくても、経費を下げることで最終的な収益を上げることが可能です。

下げてもよい経費としては、清掃費用などの固定費があり、業者と交渉することで値下げすることができます。

ただし原状回復費用などの変動費は、部屋をキレイに見せて空室になるのを防ぐために必要なので削ってはいけません。

 

 

サイト内検索
アパート経営業者ランキング!
第4位 積水ハウス
第5位 大東建託
アパート経営業者(その他)