投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

アパート経営にはリスクもある

 

アパート経営にはリスクもある

 

アパート経営はメリットが多く、たくさんの人に興味を持たれています。
ところが、メリットもある分、デメリットもあるのです。
どんなリスクがあるのか、今一度、きちんと調べた上で納得してからアパート経営に乗り出すかどうかよく検討してみることが大事です。

 

準備に相当な費用がかかることもある

アパート経営でのリスクはいくつかあります。
代表的なものとしてはコストがかかるという点です。
★既存のアパートを購入し大家さんになった場合、劣化した状態のままのアパートでは入居者が入りません。
そこでリフォームを行います。
つまりこの場合、既存のアパートを購入してもリフォーム代がかかるというわけです。
★一方、アパートを所有しておらず、土地探しから始めるという人もいます。
この場合ももちろん費用がかかるものです。
土地代をはじめ、アパートの建設代、デザイン料などが発生します。
既存のアパートをリフォームするよりも初期費用がかかるという点がデメリットと言えるかもしれません。
もちろん、ここまでにかかった費用を取り戻せるくらいの家賃収入を得られるようになれば問題ありません。
初期費用はどのくらいなら元を取れるのか、この点をよく考えてみましょう。
できるだけコストを抑えるためには、この手のことに詳しいサポート業者に相談をすることが大事です。
サポート業者が低コストで建築できる施工業者を紹介してくれることもあります。
様々なツテに頼ってみるのもいいかもしれません。

 

家賃を滞納されてしまうこともある

アパート経営において困ることは家賃の滞納です。
せっかく入居者で満室となっても、一つでも家賃を滞納する世帯があれば困ります。
特に家賃が10万円以上というようなアパートでは、1世帯支払わないだけでもかなりの痛手です。
もちろん、督促をすることができます。
それでも滞納となればやがて法律的なことも持ち上がってくるでしょう。
そうすると手間がかかります。
いくら入居者と大家さんとの間のこととはいえ、こういったことはやがて人づてで伝わってしまうものです。
あのアパートは家賃滞納者が居るといった噂が広まれば、周りからの印象も悪くなってしまうでしょう。
できるだけ家賃滞納が出ないように気をつけることが大事です。

〇対策として
それには最初の入居面談を徹底することをおすすめします。
少しでも怪しい雰囲気のある人は入居をお断りする勇気も必要です。
身元をしっかりと確認してから契約を交わしましょう。
最近は保証人なしの賃貸アパートも増えてきていますが、身元をしっかり確認するには保証人ありの方が安心です。

 

満室にならないと高収益を得られない

それから、アパート経営は満室にならないと高収益を得られません
せっかく土地を探してアパートを建築しても、入居者1世帯だけではこれまでにかかった費用を取り戻すことはできないでしょう。
満室ではなくても維持費がかかります。
通常、維持費は管理費からまかなうことになっているのですが、1世帯からの管理費だけではまかなえません。
共同部分の電気や清掃など、これらの費用にあてることはできないことでしょう。

〇満室にならない場合の対策
・そこで、満室になるように知恵を絞ることになります。
これもまたサポート業者に意見を求めることがポイントです。
宣伝をしてくれたり、外壁塗装を変えてみたりといった工夫で入居者が増えることもあるのです。
いろいろと知恵を絞ることで常に満室の状態にすることもできます。
・また、いろいろとやってみても満室にならないようなら、かえってもったいない話です。
一旦、アパート経営をやめてみるというのも一つの手段です。
全体的にリフォームをするなど、その時の状況に応じて考えてみましょう。

〇まとめ
アパート経営にはこのようなリスクも生じてしまいます。
リスクを知った上で実績のあるサポート業者を選択しましょう。
実績のある業者なら、これらのリスクも全て取っ払い、スムーズにアパート経営ができるはずです。
そんな業者を探してみましょう。