投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

アパート経営をするまでの流れ


最近では自分の所有する空いている土地にアパートを建てて資産運用したり、もしくは土地から購入して賃貸経営を始める人が増えています。いざ、アパートを建てるとなると、どのような流れを得て完成に至るのでしょうか。

 

 

 

土地を所有しているかいないかで大きく変わる

アパート経営を始めるときには、まず土地を所有しているのか、土地から購入して始めるのかによって大きく変わることを念頭に置いておかなければなりません。土地を所有している人の場合は、その土地が空き地であって、それがアパートに適した立地であれば、すぐにでも始められます。銀行からローンを借りるときも、すでに所有している土地と建てる上物を合わせて担保に入れて、ローンを借りることになります。

土地があるわけですから、そのアパートの利回りももちろん高くなりますし、メリットは大きくリスクは低くなります。それでは土地から購入してアパート経営を始める場合はどうでしょう。土地から購入する場合は、なぜその土地でアパート経営を始めるのかが、まず重要になってきます。その近辺で大学があるとか、大きな会社の工場が出来るとか要は「需要」がなければなりません。その建てる理由があるかどうかが、土地から購入する場合の賃貸経営の成功の分かれ道となるのです。

アパートを建てるときの大まかな流れ

アパートを建てる時の流れとしては、まずそこが自分で見つけて購入した土地であったり、先祖代々の空き地であれば良いですが、もし土地を所有している場合で、上物が建っていて住んでいる人がいるとしたら、その人たちの許可を取らなくてはなりません。

その人たちの合意を得て、まずは引っ越し作業から始まり、それがすんだら解体業者に上物を解体してもらわなくてはなりません。それから新しいアパートを建てることになるわけです。まずは、設計士に図面を書いてもらいます。何階建てにするのか、どんな間取りかなど決めることはたくさんあります。図面が完成したら、いよいよ建設業者に依頼して、建物を建てる作業に入ります。

アパートが完成したら、今度は入居者の募集をしなければなりません。不動産屋を回って入居者付けをしてもらいます。それと同時に税務署には、賃貸経営の事業を始めるという届け出も必要です。その届け出は経営を始めてから1か月以内に提出することが大事です。それがすんだら、いよいよオーナーとしての何十年先までの仕事が始まるのです。

金融機関からローンを借りるとき

では、金融機関からアパートローンを借りる場合は、いつ頃申し込んだらよいのでしょうか。それは出来るだけ早い方が良いです。金融機関によっては建物の建設費用だけではなく、古い建物の解体費用や、その他の諸費用もローンで貸してくれるところもありますので、アパートの建設が正式決定した時点で、金融機関の窓口に相談に行くとよいでしょう。

金融機関も一つではなく、いくつも回ってみることをお勧めします、なぜならそれぞれローンの金利は違ってくるからです。何十年先まで組むとなるとほんの1パーセントの違いで大きな差が出てくるからです。いくつも金融機関を訪問するのは面倒で手間もかかりますが、この先将来、何十年にもわたって支払う金額のことを考えたら今努力しておく価値はあります。

 

アパートを1つ建てるのでも、このような流れで、色々なことをしなくてはなりません。煩雑な作業もあり、面倒に感じますが、いざ建ててしまえば、あとは管理会社に管理を数パーセントの手数料でお願いすれば、オーナーはほぼ何もしなくても家賃が何十年先まで入る、ありがたい「システム」を得ることが出来ます。将来のことを考えるならば今は面倒でも、いざアパートが完成してしまえば、「不労所得」を長い期間にわたって得ることができるのです。やってみる価値はあるでしょう。