投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

アパート経営を法人化するメリットとデメリットは?

一個人でのアパート経営にあたり、不動産管理会社を創立する人はよく見られます。

主だった理由として、節税効果があります。

法人化によって、所得分散、あるいは給与所得控除など、節税の選択肢が拡がっていきます。

それから不動産を利用することによって確保できる収入が増えるほど、会社を創設したほうが手にできる税務上のメリットは拡大します。

ただしデメリットもありますので、総合的に判断することが重要になります。

一個人及び法人税率の違いで節税できます

法人化が節税に効果的な対策に結び付く理由として、まず第一に一個人と法人での実行税率の相違があります。

日本国内の税制度においては、一個人に掛かってくる所得税に累進課税式が適用されており、所得金額が大きくなる程税率そのものが上向きになるメカニズムになります。

それに加えて一般の企業で勤務をしながら一個人でアパートの経営をしているケースとなれば、不動産所得及び給与をトータルしたものが所得となってしまうので、不動産に求められる税率はより高額になってしまいます。

その一方で、法人に対して適用される税率については年を経るごとに緩められる傾向があり、基本税率に関しても一個人のケースよりも非常に低く設けられています。

所得額に合わせての税率は違ってきますが、最終的な納税額を少なくすることができますのでメリットが大きいといえます。

所得分配での節税と相続税対策のメリット

アパート経営を法人で経営する形にした場合、役員報酬、あるいは従業員に対する給与を会社の経費という形で計上できます。

一個人でアパートの経営に取り組む場合は、不動産を利用することによって手にした収入を所得にしても、給与所得控除を享受できません。

しかしながら法人のケースでは、別に給与を受けていない役員に関しては給与所得控除を受けられるので、役員並びに従業員に対して給与所得を払うことを通して、法人の課税対象額を低くすることが可能です。

その結果、ほかに給与所得を持ち合わせていない妻や子などといった親族を役員及び従業員にして、所得を分散し課税の対象額を圧すると、一個人のケースよりも適用税率を下げることができます。

それに加えて法人のケースでは、役員並びに従業員でなくとも、例えば親族や知人が仕事をサポートしてくれた時、バイト代という形で給与を払うことができます。

ですので、役員並びに社員以外の方に関しても所得分散が可能となります。

因みに、あまり1人の役員にウエイトを置いて報酬を分配すると、個人に税率のとても高い累進課税式が適用されるため頭に置いておくようにしましょう。

更に、相続が生じた場合、一個人のケースでは、自分自身が持ち合わせている不動産の評価額によって相続税が確定されます。

しかしながら、法人によって持ち合わせている不動産に関しましては相続税が生じません。

それを受けて、一個人で所有する不動産を法人へと移転することになれば一個人の相続財産については少なくなり、相続税を節税することができます。

それに加えて、妻や子を役員という形で不動産所得を役員報酬という立場で分散することを通じて、現実的には生前の資産の移転をすることができ相続税納税で資金が生じた時の備えになると考えられます。

法人化する時期などによってはデメリットもあります

法人にすることは多くのメリットがありますが、必ずしも歓迎すべきことばかりではなく、法人にする時期並びにタイミングによってはデメリットも存在します。

法人設立のコストは発生することになりますし、税理士報酬並びに経理に関する費用など、色々な運営のための費用がかかります。

それに加えて、法人に関しては実益が赤字であっても、最低限で一年あたり7万円の法人税が必要です。

そうしたデメリットもあることを留意することが大切です。

検討される場合には、一個人と法人のケースでの総合的課税額の相違や費用のバランス状態を考えて、税理士などに相談を持ち掛けながら、いずれにメリットがあるかで決断しましょう。

サイト内検索
アパート経営業者ランキング!
第4位 積水ハウス
第5位 大東建託
アパート経営業者(その他)