投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

アパート経営の確定申告は青色か白色か

アパート経営を行う場合、正しく納税する必要があるので確定申告をしなければなりません。

その際に出てくる言葉としてよく耳にするのが青色申告とか白色申告ではないでしょうか。

色が違うので何か違いがあるのだろうというのは想像できるでしょうが、実際に何が違うのかというのはよく分からないという人も決して珍しくありません。

そこで、まずは正しく納税するためにも青色申告、白色申告、そして確定申告について理解するところから始めましょう。

そもそも確定申告とはどう言ったものか

確定申告は、その前の年の1月1日から12月31日までの間に得た全ての所得を計算して納税額を確定申告納税するための手続きのことを言います。

基本的には毎年2月16日から3月15日の間に行うことができるようになっており、それによって正しく税金を納めることができるので、必ず忘れずに行っておきましょう。

とはいえ、実は会社に勤めている人の場合は、基本的には確定申告を必要とはしません。

なぜなら、すでに年末調整で前年の納税は正しく行われている状態になっているからです。

しかし副業を行なっている場合や、医療費が高額だった場合住宅ローンを利用している場合などは別途必要となることもあるので、会社勤めだからと言って全く関係ないというわけではありません。

現在注目を集めている不動産投資を行なった場合も、そこで得た収入は不動産所得という扱いになり、確定申告をする必要が出てきます。

その場合の申告書類は2種類あり、白色申告と青色申告に分かれているのです。

白色申告と青色申告の違いは何か

白色申告と青色申告の大きな違いは、帳簿付けです。

白色申告は簡易な記帳で問題はありませんが、青色申告野場合は細かな記帳を行わなければなりません。

ただ、以前は白色申告は手間がかからず簡単に行うことができる申告方法でしたが、2014年分からは白色申告でも帳簿類の記帳や保管が義務付けられるようになったため、以前のような簡単な感じというわけではありません。

とはいえ、青色申告ほど複雑ではなく、簡易方法でも良いということになっています。

反対に青色申告は白色申告に比べると複雑な方法となりますが、それだけでなく所轄の税務署長の承認がなければ行うことができません。

非常に手間がかかる方法で、簿記のルールに即した記帳がなされていないといけないということになっています。

とはいえ、複雑で大変ではありますが税額を軽減することができるというメリットもあります。

アパート経営をする場合は青色申告で行う

アパート経営の場合、「一体何色申告をしなければならないかわからない」という人もいますが、実は、その規模によっても変わってくるをご存知ですか。

一般的には事業的な規模の場合青色申告となってはいるものの、事業的規模というのはよく分からないということも多々あります。

そのため、実際にはどちらの方法が良いか分からないという時は税理士や会計士などに相談すればどちらを選ぶべきか教えてもらうことができます。

 

正しく納税するために確定申告は必要です。

毎年前年の1月1日から12月31日までの収入に対して正しく納税するために、2月16日から3月15日の間に行います。副業を行なっている人の場合や、不動産投資で収入を得ている場合はその収入を申告して納税しなければなりません

申告書類は種類に分かれており、白色申告と青色申告から選ぶことができるようになっています。

白色申告に比べると青色申告の方が手間がかかるということから節税効果が高い方法となっていますが、最高額の控除の対象となるのは事業者規模で行なっている場合です。

そのため、自分が該当するかどうかよく分からない場合などは、税理士や会計士に相談した方が良いでしょう。

サイト内検索
アパート経営業者ランキング!
第4位 積水ハウス
第5位 大東建託
アパート経営業者(その他)