投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を比較ランキングで紹介!

田舎でもアパート経営を成功させることは可能?

アパート経営は手軽に行いやすい不動産投資ということで、検討している人も、また実際に行なっている人も少なくありません。

ただし、成功するためにはその物件の立地などが非常に重要なポイントになってきます。

では、人が多く集まる都市部ではなく、多くの人が流出していく可能性がある田舎でのアパート経営の場合、果たして成功できるのでしょうか。

 

アパート経営を田舎でする人が増えている

例えば、土地を相続した場合にその土地をそのままにしておくのは非常にもったいないことです。

何より土地は更地のままにしておくと、その相続評価は100%になってしまい、高額な相続税を払わなければならない可能性も出てきます。

ですが、同じ土地でもその土地の上にアパートなどの賃貸住宅を作った場合相続評価は50%にまで削減できこともあります。

この50%の差は非常に大きいので、節税対策ということでアパートを建てる人は決して珍しくありません。

特に土地を相続しやすい郊外や田舎にその傾向が見られ、場所によってはアパート建設が至るところで行われているという状況になっています。

したがって、都市部だけでなく田舎でもアパート経営に乗り出す人は珍しくありません。

田舎でのアパート経営は失敗しやすい?

実は田舎でアパート経営をする場合は都市部で行う時に比べると、どうしても空室が発生しやすくなってしまうので、想像していたほどの収入に繋がらない場合もあります。

もちろん相続税対策として行うのであれば目的は達成されたということになりますが、収入源として考えていた場合、人によっては収入がなく、借金だけが残ってしまうということにもなりかねません。

ではどうして田舎では失敗しやすいのかというと、やはり人口が都市部に比べると少ないということが挙げられます。

また、アパート経営する人が多くいるのでライバルが多くいる状態だと言っても良いでしょう。

もちろん大学などのそばにアパートを建てればそこの学校の学生が入居することを期待できますが、少子化の現在、学生数も減少しており大学が撤退、移転してしまうことも起きています。

そのため、期待していた学生が大学の撤退によって入居しなくなってしまうということもありうるので、田舎でのアパート経営はなかなか難しいと言わざるを得ません。

田舎のアパート経営は絶対に失敗するとは言えない

田舎でのアパート経営は空室がどうしても出やすくなってしまうので失敗する可能性が都市部に比べると高くなるものの、絶対に失敗するというわけではなく、中には成功を収めている人だって存在しています。

では、田舎でアパート経営をする場合どのようなポイントに注意すれば良いでしょうか。

おすすめの方法としては、できるだけその田舎の中でも中心部でアパート経営をするということです。

駅が近くにあるとか、ショッピングセンターがある、大企業が近くにあるなどの場合は多くの入居者が期待できますし、その際はぜひ新築物件を建てることを検討してみてはいかがでしょうか。

中古物件の方が初期投資が少なくてすみますが、物件が古くなればなるほど入居希望者は少なくる分、新築であれば初期投資は高額になるものの入居者が入りやすい傾向となっています。

また、もし予算の都合上中古物件しか扱えないという時は建物の老朽化耐震性能などの側面も考慮し、なるべく築年数の浅いものを選びましょう。

その方が

 

アパート経営を行う場合は人が多く集まる場所の方が成功しやすい傾向といえます。

田舎の場合はそもそも人が少ない可能性があるということ、そして相続税対策ですでに行なっている人が多くいることから、簡単には人が寄らずアパートを経営したとしても空き室が多くなってしまう可能性が高いです。

とはいえ都市部でなければ100%失敗するとは言えず、新築の物件を扱っている場合や、大型ショッピングセンターや企業があるところで経営を行うと、ある程度の入居者が期待できます。